主婦家事代行と家政婦の違い

主婦経験が長い方は、「この経験を活かせる家事代行の仕事をはじめてみたい」と考えている方もいると思います。もちろん、家事を毎日こなす主婦の方にはぴったりなお仕事です。そして、そんな方の中には、「家政婦と、家事代行って同じだろうか?」と思っている方もいるでしょう。どちらも、依頼者の家に行き、掃除や洗濯などの家事をこなしていくことになりますから、同じ仕事と思っている方も多いでしょう。
では、家事代行と家政婦の違いについて、ご紹介しましょう。まず、家事代行と家政婦の大きな違いは、雇用形態にあります。本来、家政婦の場合には仲介などを通して、お客さんと家政婦さんが直接雇用契約を結ぶことになります。しかし、家事代行の場合には、家事代行業者に登録し、そこから依頼者の家に派遣されることになります。契約は、あくまでも家事代行業者とスタッフということになりますから、雇用形態は大きく変わってきます。こういった雇用形態の違いにより、トラブルが起きた時にも対応が変わってきます。家政婦の場合には、トラブルが起きた場合には自分で責任を取ることになりますが、家事代行の場合には、家事代行業者がそれぞれ加入している損害賠償保険などでカバーすることになります。家事代行の場合には、あくまでも家事代行業者に所属しているということになりますから、万が一の時にはしっかりとサポートしてもらえるということ。仕事内容については、家事を行うことは変わりありませんが、家政婦の場合には直接雇用となっていますから、プラスの仕事依頼なども行われるケースがあるでしょう。
このように、同じ様に家事をこなす家事代行、家政婦ですが、実際には雇用形態などにより働き方が変わってくることになります。家事代行の場合には、家事の派遣と考えておくと分かりやすいかもしれませんね。